お客様からよく外壁塗装の飛び込み営業が来るとのご相談をいただきます。
飛び込み業者の中でも良心的な業者もいると思いますが、まだ本当は塗り替えが必要なかったり、高額の請求をされたりとトラブルも多くありますので気をつけないといけません。
お家を長持ちさせる為には、メンテナンスが必要です。
塗装した膜に亀裂(クラック)が入ったり、つなぎめのシーリングにひびが入ると、そこから雨水がしみこんできて、建物全体に影響を与えます。
更に劣化が進むと塗り替えではなく、貼り換えが必要になるケースもございます。
塗り替えの目安は10年に1度と言われています。
一般的には外壁材は30年~40年もつと言われており、その間に3~4回の塗り替えが必要となります。
しかし10年に一回の塗り替えは費用や手間を考えても大きな負担となります。
そこで確認して頂きたいのが、どの塗料を選択するかになります。
塗料の種類も様々で耐用年数が8年から25年と違います。
また何回塗りをするかによっても耐用年数が大きく変わって参ります。
一概に見積もりを金額だけを見比べるのではなく、『塗料の種類』『何回塗り』かも確認・検討することで長期的な費用を抑えることにつながります。
ちなみに弊社では4回塗りをさせていただいております。

耐用年数比較

塗料耐用年数
アクリル3〜8年
ウレタン5〜10年
シリコン7〜15年
フッ素12〜20年
ラジカル8〜16年
無機10〜25年

注意ポイント

  • 外壁、屋根塗装が現状で必要なのか
  • 塗料の種類
  • 何回塗りなのか

003

Before
After

002

Before
After

001

Before
After